SFAを導入するメリット

SFAとは、SalesForceAutomationの略称の事です。これは、企業活動では必要不可欠である営業に関するサポートを行うシステムです。このシステムを導入するメリットは、情報の一元化と共有にあります。まず、一元化については顧客に関する情報や営業活動の内容について、一つのシステムで管理する事が出来ます。そのため、連絡先などの必要な情報の管理が簡単になります。2つ目の共有は、今まではそれぞれの担当者が営業活動を行い、上司へ報告を上げていた会社では、その情報は上司とのみ共有していた事になります。しかし、このシステムでは営業部すべての人が参照可能です。そのため、情報の共有が簡単に出来るようになります。その結果、さらに効率がよい仕事が出来ますし、担当者同士が連携して仕事に取り組めるようになります。

SFAを導入する時のポイント

SFAとは企業で行われている営業活動の情報を一元管理することで、業務の向上と効率化に役立つシステムの事です。このシステムを導入することで、担当者同士の情報共有がしやすくなったり、利益が上がったなどの感想をよく耳にします。しかし、導入する際には、気を付けなければいけないことが多くあります。たとえば、SFAは多くのシステム会社が発売しています。そのため、それぞれのシステムをよく比較して、使いやすいものを選び必要があります。セミナー、デモンストレーションに積極的に参加してシステムの使い勝手をチェックすることができます。また、必ず実際にシステムを使う営業担当者に見てもらって、意見を参考にするべきです。実際に使う人が使いやすいと思ったものを導入する事が一番良いからです。そして、時間をかけて社内で検討する事が重要です。

SFAシステムの基礎知識

企業で働いているときにSFAという言葉を耳にすることがあります。これはアメリカで生まれた言葉で、日本では営業支援と呼ばれています。成果主義であるアメリカで、営業を効率よく成功させるために考えられたシステムです。現在では日本でも多くの企業で導入されています。SFAシステムを導入することで得られるメリットがいくつかあります。それは見込み作業の可視化や共有が簡単になります。このほかに営業の質が向上するという点も期待できます。この機能を使うことでリストの共有や日報管理や顧客情報や商談記録を作成することができます。営業の業務のマネージャーであれば、チームの動きをまとめることができ、一目でメンバーの動きが数値で把握できるので、マネジメントを効率的に行えるというメリットがあります。営業マンはリストが案件化してから受注するまでの一連の流れをSFAに記入するだけになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*