SFAの概要とは何か

SFAとは、営業業務のプロセスや進捗程度を把握し、管理し、営業活動を効率的に推進するための専用のソフトウエアを有したコンピュータシステムのことです。昔は、企業の営業活動は、営業部のセールスマンが長年培って営業の力量のレベルを上げながら、それを武器に商品を売りさばくのが一般的でした。顧客との商談で得た、顧客に関する情報や、売ろうとする商品の顧客からの評判等は、セールスマンは知っているだけで、セールスマンから上司や営業本部に報告されるまでは、営業本部では分からない状況でした。このために営業部としての対応策が遅れ気味でした。これらの情報把握の遅さによる営業力の低下を避けるために登場したのが、SFAシステムです。このシステムでは、セールスマンからの営業活動に関する様々な情報が、リアルタイムで営業部のコンピュータに入り、営業部内でその情報が共有化されます。セールスマンの上司は、セールスマンが顧客と商談中、行き詰った時にアドバイスの情報を、セールスマンに携帯端末を通して伝えることが出来ます。このようにすることにより、セールスマンの持つ、営業力のみに頼っていた営業活動を科学的に、効率的に行うことが出来ます。SFAは情報の共有化を行える、有力な営業業務支援システムと言えます。

SFAの導入にはモバイル端末との連携が重要です。

インターネット環境の整備と普及が急速に進んできており、インターネットサービスを活用しないで便利で快適な生活を送ることは不可能と言っても過言ではないことでしょう。インターネットショッピングや海外との人たちとの意思疎通には欠かせませんし、情報共有化が手軽に行うことができる点からビジネスを効率よく行ううえでも欠かすことの出来ないツールと言えることでしょう。とくにインターネットを活用した営業支援システムであるSFAの導入が大きくビジネス運営を変えていくことになることでしょう。最近ではオフィスや事業所のパソコンとスマートフォンやタブレット端末などを連動させることができるシステムが多く導入されてきています。外出先でも簡単にインターネットを活用することができるモバイル端末の利点を最大限に活用することができるシステム構築がビジネスの効率運営には重要になってきます。

自社にあったSFAの構築が重要です。

グローバルが急速に進んできている現在においては、さまざまなシーンにおいて国際化が進んできています。民間交流なども個人レベルでも進んできていますし、とくに顕著なのがビジネスシーンになります。より大きなマーケットを目指して国際的に進出してくる企業も多くなってきており、いまでは大手企業のみならず中小・零細企業においてもグローバル化は避けられないこととなってきています。ますます企業間競争が激しさを増してきていますが、そこで重要になってくるのがビジネス運営の効率化にあります。激しくなってくる競争に打ち勝つためにも企業体質を強くしておく必要があります。営業支援システム、SFAの導入などによるビジネス運営の効率化は欠かせませんし、自社にあったシステムを構築することでよりビジネス運営を効率よく行うことが可能になってきますし、競争にも有利に立つことができることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*