SFAとは営業の為の戦力です

SFAとは、SalesForceAutomationの略の事です。企業で利用される情報システムやソフトウェアのことで、営業支援システムとして多くの人に知られています。その使い方は、営業活動をするためには不可欠な情報を一元管理出来ます。たとえば、過去の商談の内容やいつ行ったかなどの履歴や、現在進行中の営業活動に関する進捗状況、顧客に関する重要な情報、次回のアポイントメントやアプローチ方法や必要書類などの記録が可能です。また、これらの情報は社内での共有も出来ます。そのため、これらの情報を参照した別の社員や上司から、違ったアプローチ方法の提案を行ったり、別の営業顧客からの情報を活用してさらなる提案を行い、さらに営業が効率的になります。このようなメリットがある魅力的なシステムなので、多くの企業が活用しています。

SFAの基礎知識と仕組み

SFAとは営業活動をするときに必要なシステムです。これは企業で利用される情報システムやソフトウェアの一種のことで営業活動を通して支援し効率化することもできます。すでにある顧客や見込み顧客のそれぞれに関して営業活動に関係ある情報を記録したり管理することができます。また過去の商談の履歴や現在行われている案件の進捗状況、このほかには営業活動を通じて入手した大切な情報やアポイントメントや期限というようなスケジュールを一目で見てわかるように編集することができます。SFAはチームで利用することができます。それによってチームの中で常に最新の状況を共有することができます。個人個人ではなく組織として効率的に営業活動を進めることもできます。すでにいる顧客との関係を管理するCRMという物がありますが、ここにSFAの機能を追加したりというようなことも多くなっています。

SFAシステムのメリット

会社を経営している中で営業活動を行うことは大切です。その営業活動にはシステムが欠かせない物となっています。この営業活動を支援するシステムがあります。それがSFAシステムになります。ここには次のようなメリットがあります。まず管理職の業務効率を向上させます。部下の活動状況を把握することで、適切な指示を行うことができます。また訪問する予定の顧客や必要な情報を集めることができます。具体的には地図や交通手段や過去の訪問履歴などです。営業日報はメニューを利用して簡単に入力することができます。これによって入力時間を短縮することができます。そして優良な顧客リストを提供することができます。携帯電話からも入力することができると言うことで、リアルタイムの情報の入力や閲覧が可能です。そしてこれらを総合的に見て営業効率が向上するというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*