SFAを導入するメリット

SFAとは、SearchEngineOptimization、営業支援システムといい、営業活動を効率化するシステムのことを指します。かつての営業というと、飛び込み営業や営業のエースといった個人によるスタンドプレー的な活動といったイメージがありました。もちろん、その効果をすべて否定するものではありませんが、現在はよりその人が抜けたとしても問題なく業務が遂行される方向に向かっています。営業についても、システムを導入することにより、営業活動の進捗状況を全体で把握することが可能となり、組織としての効率化が図られます。また、過去の営業活動による成功事例や失敗事例等をメンバーが検索、閲覧することにより、経験の少ない従業員であっても、一定のレベルの営業を行うことが可能となります。また、統計情報を取得することにより、現在の商品の傾向や弱点等を把握でき、製造の方に根拠のあるフィードバックも期待できます。



SFAとはどういうものか



SFAとはSalesForceAutomationの略語で営業支援システムという意味合いがあり、企業間の営業案件の管理を行うために開発されました。目的としては営業の生産性を上げるために顧客情報や商談情報、過去の日報などの営業活動に必要な情報を一元管理し、後方で支援することができて効率的に活動が行えるようになります。顧客の会社内部における情報や取引情報、過去の商談内容とか関係する他社の情報などは営業担当者個人が握っている場合が多く、大切な営業情報資源が後々引き継がれて行き難い面を持っていました。これは勿体無い話でこれらの情報がシステムによって一括共有されて利用されることで営業上有用で営業プロセスの可視化された情報を携帯電話などから参照できるようになります。これらを積極的に活用することで適切な対策を打つことができ、受注案件を増やすことが出来るとされていて期待が持たれています。





ビジネスにおけるSFA



SFAといってもどうビジネスに活用するか、悩んでいませんか。確かにビジネスにおいて必要なツールでも活用次第でどうなるか判らないわけです。というか、そもそも、どう意味なのか理解できなかったら困ります。最近ではインターネットを活用したビジネスが展開しています。でも、使いこなせなかった意味がないですから。SFAは営業支援システムです。活用すればさらにビジネスの世界がぐっと広がるわけです。ここで気をつけなくてはいけないことはツールを使うメリット、デメリットです。最近では丁寧に解説してくれる業者も増えています。さらに外と中のつながりを考えるのなら是非、必要なツールです。大体、営業活動に関わる情報をデータ化するのはなかなか難しいことです。そして、それを実際に営業活動している人へ伝えるのも大変ではないでしょうか。その方面をよく考えて取り入れるべきでしょう。

未だに一部の企業では、非効率な営業を続けています。非効率な営業は成果が上がらないばかりか営業マンを疲弊させる最悪なものです。 今月の着地見込を管理できていますか。行き当たりばったりな営業をしていませんか。SFAを利用してナーチャリングをしっかりとやりましょう。 SFAはSalesForceAutomationの略で日本語でいうと営業支援システムとなります。元々アメリカで生まれた概念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)